4月の訪日客の内訳は?どこの国からきたの?

 
スポンサーリンク
 

【4月の訪日客の内訳は?どこの国からきたの?】

4月の訪日客が99.9%減ったとのことで話題になっているようです。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ水際対策の強化により、4月の訪日外国人客数は前年同月より99・9%減の2900人だった。下げ幅は3月の93・0%より拡大し、今の調査方法となった1964年1月以来、最大を更新した。観光庁が20日発表した。朝日新聞より引用

2900人だったとのことですが、逆にこのご時世そんなにきてるんだという印象ですね。

今回は、「4月の訪日客の内訳は?どこの国からきたの?」についてみていきます。

4月の訪日客の内訳は?どこの国からきたのか調査

日本政府観光局の月別データ(JNTO推計値)を確認したところ、一番多いのが300人でした。

*300人
・米国
・台湾
・韓国

*200
・中国
・ベトナム

*100
・インドネシア

あとは数十人という内訳でしたね。

アジアはもちろん、欧州など満遍なく世界中から何人かの行き来はあるようです。

仕事や家族で必須の移動なのでしょうか?

データからは読み取れませんが、結構多いですよね。

 
スポンサーリンク
 

『4月の訪日客の内訳は?どこの国からきたの?』のまとめ

4月の訪日客が99.9%減というからどれだけ減ったのかと思いきや3000人もいたのは驚きでした。

普段どれだけたくさんの外国人がきていたのかわかりますね。

はやく自由に行き来できる世の中になってほしいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m

 
スポンサーリンク
 

Twitter

Posted by isanawhale